障害者雇用について健常者も考えていきましょう。

求人情報探しをサポートするサービス

仕事を探す

派遣として施工管理の仕事をしよう

 この時代、仕事を探すうえでは、ほとんどの方は正社員を希望されるでしょう。ですが技術職である施工管理でしたら、技術を磨きたい場合には、派遣社員として仕事をする方がおすすめです。施工管理の仕事は、作り上げる仕事ですので、誰でもできるものではなく、経験と技術が求められます。派遣として複数の現場で就業することは、他の技術者の技術の工夫などを学べるチャンスがあり、自分のスキルを向上できるメリットがあふれています。自分の仕事の腕を磨きたいのでしたら、派遣という働き方も視野に入れてみましょう。契約期間の決まっている派遣ですから、経歴的に複数の現場を経験していても、マイナスにはとらえられません。正社員ではいけないという考え方を置いて、違う働き方も模索してみては。

施工管理の仕事。派遣でやってみよう

 施工管理の仕事は、自分の知識と技術の腕が物をいう、物をつくる職業です。確かな知識と技術の腕があれば、何も正社員でなくてもやっていける職業でもあります。施工管理の仕事に携わる人の中では、派遣という働き方もトレンドとなってきています。最近では会社側が正社員の残業代をカットして、サービス残業をさせることも多いですので、正社員として働いていても負担が大きくなるばかり。派遣でしたら、残業することになっても、きちんと派遣会社から残業代をもらえるので、雇用の待遇も守られています。派遣社員でなく、正社員で再び仕事をしたくなった場合も、派遣で紹介予定で働いて、その会社の環境も事前に知り納得したうえで、正社員となる職場を探すことが可能です。働き方としておすすめの一つの方法です。