障害者雇用について健常者も考えていきましょう。

求人情報探しをサポートするサービス

良い情報

知っておくと良い情報

障害者雇用を利用する際に障害者手帳が必要となりますが、精神障害の場合は2年ごとに更新する必要があります。特に成人後に発症した精神疾患によって障害者手帳を交付された場合は更新の基準が厳しい傾向にあり、更新の際に障害の等級が下がったり障害者手帳が失効したりする憂き目に遭う可能性も想定しておくことが重要です。企業にしてもそうした前提で障害者雇用を行うケースがあります。 基本的に企業の立場からしてみれば障害者雇用は法定雇用率を守るための縛りであって障害者雇用によって採用された人物が会社の収益に貢献するということはかなり難しいのが実情です。発達障害や精神疾患を持っているケースであれば、仮に障害者雇用の機会を利用して職にありついたとしてもその先は自分の実力次第です。それでも障害を考慮して適性に適った配置を為されるなどの配慮を活かすことができれば生活に困らない収入を得ることも不可能ではありません。

障害者雇用を利用する際の工夫

入社した時点では心身共に健康そのものであったが過労や事故によって障害を負ってしまった時にこそ障害者雇用の威力が発揮されます。障害を負ってしまった社員を障害者雇用という形式で契約し直すことで職場としてはその社員を泣く泣く切り捨てるという決断を行わずに済みます。同時に法定雇用率を上げることができるので社員がその後ある程度問題なく働くことができる場合には職場のイメージアップにもつながります。 このように障害者雇用という制度は賢く利用すれば寧ろ会社にとって十分に利益をもたらすものとなり得るのです。実際のところ、うつ病を患った社員を障害者雇用という形でその後も継続的に雇用する企業は決して珍しくありません。