障害者雇用について健常者も考えていきましょう。

求人情報探しをサポートするサービス

良い情報

ここでは、知っておくと良いと思われる情報について紹介していきます。障害者雇用について知らないと考えていることがあれば、ここで解決していきましょう。入社した時や利用した時の工夫などについて紹介しています。

登録しよう

家庭教師というと頭の良い大学生などが多いと思っている人も少なくないでしょう。しかし、初心者でも働いている人はたくさんいます。家庭教師のアルバイトをしたいと考えている人は登録してみましょう。

最近の求人

最近のタクシー会社の求人情報など、トレンドな情報を紹介していきます。インターネットを利用して楽に求人情報を探してみましょう。ここでは、タクシー・ドライバーになるための情報などを載せています。

仕事を探す

仕事を探すといった時は技術力が求められることが多くなります。施工管理の仕事では、派遣業務で募集を掛けていることが多くあります。そのため、経験がしやすいといったことが挙げられます。

守られている

施工管理の派遣のお仕事を紹介してもらいたいなら、コチラに相談してみてください。あなたに合った職場に派遣してくれます。

自分のスキルを活かせる職場になるセラピストの求人を大阪で発見したい人はこちらから十分な情報を得るといいでしょう。

障害者の雇用は守られています

日本における障害者の雇用は障害者雇用促進法で保護されており、一般企業では従業員50人当たり1人の割合で障害者雇用を行うことが義務付けられています。しかし、建設業などのいわゆるブルーカラーの職業や小さな子供を相手にする仕事などは一定の障害がある場合に雇用が難しい場合が考えられることから、障害者雇用除外率が設定されていて、建設業でいえば20%とされています。ただ、ノーマライゼーションの考え方から、この設定は設けるべきではないという声もあります。現在は実力主義で保守脱却を図るために障害の有無にかかわらず、さまざま能力をもつ従業員を育てようとしている企業が増えてきています。実際にハローワークや有料求人サイトにおいて障害者向けの求人数は年々増加しています。

できることとできないことを整理して

障害があっても建設業で働きたいと思っている人もいるのではないかと思います。しかし、建設現場で働くことは難しい障害を抱えている場合、無理だとあきらめてはいませんか。例えば、交通事故などで片足を失っている固定障害の人でも、施工管理やシステム開発などに従事することができます。CADオペレーターや製図に関わる仕事であれば、事務作業に近い仕事をすることができます。ただ義務的に障害者雇用を行っている企業は、雇用側は障害者にどのような仕事を与えたらよいかわからないと感じ、躊躇しているところも多くあります。雇用される側としては、何ができ、何ができないのかを明確に伝え、企業にとって自分の能力はプラスになることを伝えるようにしましょう。

第2の仕事として選ぶ人が多いです!タクシー募集はこちらでチェックできますよ。自分にぴったりの求人を見つけられます。

障害者雇用の為の求人情報を豊富に取り扱っていますよ。就職の可能性がぐんと広がりますね!雇用の為のサポートもご期待ください!

高収入をゲットしたい人はココで探そう!工場求人は東京に沢山ありますが、簡単に探したい人はこちらをどうぞ。